ランサムウェア のための
バックアップ

ランサムウェアは巧妙化し、凶悪化の一途をたどっています。
最適なバックアップを行わなければ、ファイルを永遠に失ってしまいます。

無料で 30 日間試用する

ランサムウェアとは?

データを人質にとり、身代金を要求するマルウェアです。ランサムウェアは、大きく下記の2つに分類されます。

  • ファイル自体を暗号化する
  • パソコンの機器自体をロックする

また、基本的な感染経路は下記の2つです。

  • Webページへのアクセス
  • メール添付ファイル

ランサムウェア自体は1989年から存在していました。ですが暗号化技術の発達やデータの重要性の増大などにより、近年その被害件数や被害額が増大しています。

ランサムウェアを防ぐには?

ランサムウェアの対策には、下記の2つが欠かせません。

  • 侵入・感染を防ぐ事前の対策
  • 感染した場合でも業務を復旧するための事後の対策

ランサムウェアは日々新しい亜種が誕生しています。ランサムウェアの侵入を100%防ぐことはできません。
通常のマルウェアと同様、感染を防ぐ対策と同時に、感染してしまった後の対策が不可欠です。

ランサムウェアに最適なバックアップとは?

とりあえずバックアップをしていれば、絶対にランサムウェアから復旧できるわけではありません。

ランサムウェアはより高い身代金を効率的に回収できるよう、日々その性能や手口を巧妙化しています。バックアップがあると、身代金の回収ができない場合があることもわかっています。そのため、企業でよく使われる Windows のシャドーコピーを優先的に削除するようなランサムウェアも出回っています。

ランサムウェアの性質を理解し、適切なバックアップを行うことが重要です。

無料で 30 日間試用する