自社に最適なパソコンバックアップとは

ランサムウェアや BCP 対策として、パソコンバックアップのニーズが高まっています。
ですが、ただバックアップをしておけばいい、というわけではありません。
様々なサービスの中から、自社に最適なバックアップを選択することが大切です。
無料で 30 日間試用する

選定すべき基本3項目

巷に溢れるバックアップサービスの中から自社に最適なものを選び出すためには、まず下記の3つを検討する必要があります。

その1. どこにバックアップするか

回避したいリスクを考えながらバックアップ保存先を決めることは重要です。本当はランサムウェアからデータを守りたいのに、「低コストだから」と社内の HDD にバックアップを取っていては、意味がありません。

保存先 自社内 自社外(クラウド) 自社外(データセンター)
主なメリット 比較的低コスト 構築・運用・管理の手間が最小限 ランサムウェアや BCP 対策が可能
主なデメリット 機器管理の手間 第三者機関にデータを預けることになる 初期構築費用や管理の手間
回避可能なリスク 人為的ミス・故障・機器入れ替え(・ランサムウェア*) 人為的ミス・故障・機器入れ替え・ランサムウェア・盗難紛失・災害 人為的ミス・故障・機器入れ替え・ランサムウェア*・盗難紛失・災害

※ 自社内の場合、バックアップアプライアンスサーバへのバックアップのみランサムウェア対策に有効です
※ データセンターにバックアップをしている場合、同一 LAN 内にサーバがある場合はランサムウェア対策とはなりません

その2. 何をバックアップするか

どのデータをバックアップするかは、非常に難しい選択です。ここでは大きく2つに分類します。

対象 OS 丸ごと 必要なファイル・データのみ
主なメリット OS の再設定などが不要 必要なもののみなので、コストや復元にかかる時間を最低限にできる
主なデメリット コストがかさむ可能性がある
復元が遅い
コストを優先し必要なファイルがバックアップされない
回避可能なリスク 故障・機器入れ替え・ランサムウェア・盗難紛失・災害 人為的ミス・故障・機器入れ替え・ランサムウェア*・盗難紛失・災害

上記の分類の場合、ポイントは、費用と復元にかかる時間、再設定の手間です。
再設定の手間が非常にかかる可能性があるのであれば、丸ごとのバックアップは必須です。ですがそうではなく、業務上最低限必要なデータのみのバックアップにしたい場合は、ファイルごと選択できた方が、柔軟に運用できます。

その3. 復元をどうするか

意外と見落とされがちですが、バックアップは「復元のため」にあるものです。あらかじめ復元のシナリオを明確にすることが重要です。ここでは、「誰が復元を行うのか?」のみ表にしています。

誰が 管理者のみが行う ユーザ自身が行う
主なメリット より安全な運用が可能 各々で迅速にデータを戻すことができる
主なデメリット すべてを管理者が行わなくてはいけない 管理者の意図しない復元が行われる可能性がある

上記以外にも、「ダウンタイムの上限値はどのくらいか」「復元に余計なコストがかからないか」「復元に必要な知識や特別な機器はないか」「回線の状態やセキュリティの観点により、復元可能な場所に制限はないか」などの精査が必要です。

深掘りすべきポイント3項目

上に述べた基本3か条は、サーバのバックアップにも共通して言えることです。パソコンのバックアップでは、さらに下記3つを深掘りする必要があります。

その1. ユーザの業務を邪魔しないか

パソコンのバックアップには、日中の業務中もパソコンに負荷をかけずにバックアップできること、ユーザの操作を必要とせず全自動でバックアップを行うことが重要となります。そのどちらか1つでも欠けている場合、ユーザはバックアップを「邪魔」だとみなし、使用しなくなる恐れがあります。

その2. 管理が煩雑にならないか

企業のパソコンをバックアップする場合、対象が数十台から数百台、数千台になる可能性があります。OS にかかわらず、誰のバックアップが成功しているか、誰がどのデータをバックアップしているか、誰がいつ復元したのかなどを、単一のコンソールで管理できる必要があります。

その3. 操作は容易か

操作画面がわかりづらい場合、ユーザはそのサービスを使用しません。あるいは、管理者への問い合わせが殺到します。IT リテラシーにかかわらず、容易にバックアップと復元を行うことができるようなサービスが理想的です。